苫小牧市成年後見支援センター

業務内容

相談
・判断能力に不安がある方の生活や財産管理に関する困りごとについて相談に応じます
・成年後見制度の利用が必要であるかを検討し、今後の方向性について共に考えていきます
・相談の内容によって必要な関係機関と連携し、ご相談者の生活を支援します
市民後見人の養成
・判断能力が低下した方の生活を身近な立場で支援する市民後見人の養成を行います
普及・啓発
・成年後見制度の理解を深めるための講演会や出前講座を行います
・成年後見支援センターの役割や成年後見制度を知っていただくためのパンフレットを作成し、広く周知します
法人後見事業
・苫小牧市社会福祉協議会が家庭裁判所から成年後見人を受任し、本人の支援を行います
申し立て支援
・成年後見制度が必要な方やそのご家族、関係機関の皆様が制度の利用をしやすくなるよう法律や福祉の関係機関と連携を図りながら解決に向けた支援を行います

▲ ページトップに戻る

成年後見制度とは

認知症、知的障がい、精神障がいなどにより、判断能力が十分でない方の権利を守る制度です。成年後見人等が、そのような方々の意思を尊重し、その人にふさわしい生活を送れるようお手伝いします

成年後見制度
概要 〇重要な法律行為
 財産管理や身上監護に関する法律行為全般を行う
具体例 〇現金・預金・証券・不動産・負債などの財産全般の管理
〇施設への入退所契約、入院契約
〇不動産の売却や賃貸契約解約
〇現遺産分割協議における本人代理
〇消費者被害の取消し
対象 認知症、知的・精神障がいにより判断能力が十分でない方
援助者 成年後見人、保佐人、補助人、任意後見人
利用料
(費用報酬)
後見人などに対する報酬額は家庭裁判所が決定する

▲ ページトップに戻る

法定後見制度

本人やご家族などが家庭裁判所に申し立てし、後見人等が選任されます。判断能力により次の3種類になります。

後見類型
常に判断力を欠いており、日常の買い物も一人では難しい
保佐類型
判断能力が著しく不十分で、日常の買い物は一人で出来るが、重要な財産管理・処分などは難しい
補助類型
判断能力が不十分で、重要な財産の管理などを一人ですることが不安

▲ ページトップに戻る

任意後見制度

本人に十分な判断能力があるうちに、将来判断能力が衰えた後の自分の生活・療養看護や財産管理に関する事務を本人の信頼のおける人に委託する契約(任意後見契約)を公証役場で結びます。

▲ ページトップに戻る

相談窓口

制度に関するどんなことでも結構ですので、お気軽にご相談ください

相談窓口
月~金曜日 8時45分~17時15分
※土・日・祝日・年末年始はお休みです
相談内容
成年後見制度の利用について
生活や財産管理に関する困りごと
成年後見人等の活動支援

▲ ページトップに戻る

市民後見人養成講座受講生募集

令和2年7月から開催する「市民後見人養成講座」の受講生を募集しています。ぜひご応募ください。

新型コロナウィルス感染症拡大状況等により、開催を延期または中止する場合があります。
市民後見人養成講座
日 程 令和2年7月1日(水)~令和2年7月29日(水)の毎週水曜日 全5回
各日9時30分から17時(別途実習あり)
場 所 苫小牧市民活動センター(実習は市内施設などを予定)
定 員 50名
参加料 無料
申込方法 ①受講申込書に必要事項を記入・写真を貼付し、
6月29日(月)までに、直接または郵送にて提出
※申込先 苫小牧市成年後見支援センター(苫小牧市社協内)
苫小牧市若草町3-3-8 市民活動センター
電話:0144-38-7291
FAX:0144-38-7292
詳細・
受講申込書
募集要項・講座メニュー
受講申込書はこちら

▲ ページトップに戻る

お問い合わせ先

苫小牧市社会福祉協議会 苫小牧市成年後見支援センター

〒053-0021

苫小牧市若草町3丁目3番8号 苫小牧市民活動センター1階

電話;0144‐32‐7111  FAX;0144-34-8141

▲ ページトップに戻る