貸付相談

生活福祉資金貸付制度

厚生労働省要綱に基づいて他の貸付制度が利用できない低所得世帯、障害者世帯、又は高齢者世帯に対し経済的自立、生活意欲の助長促進、在宅福祉及び社会参加の促進を図り、安定した生活のため資金の貸付と援助をする制度です。

  • 貸付対象世帯
    • 低所得世帯
      • 資金の貸付にあわせて必要な支援を受けることにより独立できると認められる世帯であって、独立生活に必要な資金を他から受けることが困難であると認められる世帯
    • 障がい者世帯
      1. 身体障害者手帳の交付を受けている方の属する世帯
      2. 療育手帳の交付を受けている方の属する世帯
      3. 精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方の属する世帯
      4. 障害者自立支援法によるサービスを利用している方の属する世帯
    • 高齢者世帯
      • 65歳以上の高齢者の属する世帯
      • (福祉資金については、日常生活上療養または介護を要する高齢者が属する世帯に限る)
  • 連帯保証人
    • 原則として連帯保証人1名が必要です。
    • 連帯保証人を立てない場合も貸付を受けることが可能ですが、連帯保証人を立てたケースよりも利率が高くなります。
    ○ご利用に際して
    • 他の貸付制度を利用可能な場合は、他制度を優先してご利用いただきます。
    • 本制度は公的な貸付制度であることから、「審査」にて貸付の必要があり、生活の安定 や立て直しを図ることが可能と認められた場合にご利用いただけます。

▲ ページトップに戻る

生活応急資金貸付制度

苫小牧に6ヶ月以上居住の市民で、低所得世帯の世帯主(生計中心者)に不時の出費を援護し、経済的自立の助成と福祉の増進を図るための貸付制度です。

  • 普通貸付金
    • 病気、出産、葬祭、教育、育児等で、一時的に生活することが困難な時の資金
  • 特別貸付金
    • 災害時などの生活維持に必要な資金
  • 保証人
    • 保証人が1名必要です
    • (原則、苫小牧に1年以上居住し、職業を有し安定した収入がある生計中心者)

▲ ページトップに戻る

高額療養資金貸付制度

苫小牧市民で、低所得世帯の国民健康保険の加入者の高額療養費の支払が、他に融資の途がない被保険者の自己負担額を除く医療費支払額の貸付制度です。

  • 保証人
    • 保証人が1名必要です
    • (原則、苫小牧に1年以上居住し、職業を有し安定した収入がある生計中心者)

いずれの貸付制度にも貸付審査・貸付条件があります

連絡先

苫小牧市社会福祉協議会 くらし支援課 相談支援係

〒053-0021

苫小牧市若草町3丁目3番8号 苫小牧市民活動センター1階

電話;0144‐32‐7111  FAX;0144-34-8141

▲ ページトップに戻る