市民活動センター 設置の目的

苫小牧市民活動センターは社会福祉活動、男女平等参画推進活動その他の市民活動の促進を図るため設置されています。市民活動センターは社会福祉センター・男女平等参画推進センター・多目的ホール・市民ギャラリー・消費者センター等市民活動に係わる施設をもって構成されています。

社会福祉センター

高齢化社会を迎え、高度化する福祉ニーズに対応するため福祉に関する情報を集め相談・研修事業を行い、地域福祉活動、ボランティア活動などの各種民間団体活動の拠点として、

  • 長寿社会に対応したやすらぎのある街づくり
  • ノーマライゼーションの理念の具体化と地域支援システムの確立
  • 住宅福祉サービスの総合化とネットワークづくり

を、目的として設置されています。

男女平等参画推進センター

多目的ホール

社会福祉活動としての会議・研修・講習会等に、また男女平等参画推進活動としての講習会、ダンス、ヨガ等の軽運動に、その他市民活動のために設置されています。

市民ギャラリー

市民ギャラリーの施設及び設備を美術工芸品の展覧会・展示会等の開催に、さらに市民の絵画・写真・書道の発表の作品展示会に使用できるよう設置されています。

その他

その他規則で定める市民活動に係わる施設として、消費者センター・不用品ダイヤル交換市・消費者協会が入居しております。

▲ ページトップに戻る